期間工と派遣社員の違い

期間工は直接どこかで雇ってもらえる立場

工場で期間工として働く場合は、直接その会社で雇ってもらうことができるので、働く際の条件は、すべてその会社の条件に依存することになります。直接雇用である以上、良いところを見せると、その期間が終わった後には正社員として招き入れてもらえる可能性もあるでしょう。ただ、派遣社員などに比べると、それなりに責任も出てくるので、よく考えて選ぶべき立場です。期間工となると、その名前の通り、働く際の契約期間が設けられているので、よく期間をチェックし、希望通りの期間働くことができるかどうかを見極めておくことも重要となります。また、いろいろな会社から求人情報が出ているので、それぞれの条件を比較してから、選ぶようにしましょう。会社によっては宿泊できる施設も設けてくれるところがあります。

派遣の場合は仲介に入ってもらえる

一方、期間工と違って派遣会社が仲介に入ってもらうことができるので、期間工に比べれば割と気軽な立場だといえます。それに、アルバイトやパートタイマーに比べれば時給が高めに設定されているのも魅力的です。直接雇用となる期間工に比べると、福利厚生が安定していないことが多いですが、それを除けば、割と快適だと言えるでしょう。例えば、現場で何かあったときに、その不満や文句を言うにしても、人材派遣会社側に言うことができます。直接会社に行く必要がないので、その場合も気持ちが楽です。気に入らない現場だった場合は、他の現場に移してもらうだけなので、その際にもそこまで気を使うことはないでしょう。場合によっては、長期間の現場で働き続けると、正社員になれることも多々あります。