加入できる保険の種類

期間工は社会保険に加入が基本

期間工で働こうと考えている場合気になってしまうのが、どんな保険に加入できるのかです。
一番重要となる健康保険は、期間工でも会社もしくは派遣をしているところの社会保険に加入が基本となります。
派遣や期間工は社会保険に加入できないと思っている人もいますが、今は社会保険に加入が必要としています。
特に期間工は最低でも3ヶ月の雇用となっているため、短期で社会保険適用外となる契約ではありません。
期間工は社員同様に社会保険に加入しますので、健康保険に関しては社員同様に優遇されています。
また健康保険だけでなく厚生年金もセットで加入する必要がありますので、年金に関しても安心して働くことができます。
もし加入させてもらえないようでしたらなぜ加入できないのかを聞いてその後の対応を検討しましょう。

労災保険も雇用保険も加入できる

健康保険の次に大事になってくるのが、労災保険と雇用保険です。
期間工は、健康保険や厚生年金だけでなく労災保険と雇用保険も加入することが可能です。
社会保険制度は、健康保険や厚生年金だけでなく、労災保険と雇用保険も雇用主は加入させる必要があります。
そのため、仕事に必要な保険のほとんどが加入できるのですが、ただ、注意しなければいけないポイントがあります。
保険加入すると当然ですが保険料の支払いが必要としてきます。
企業側が2分の1負担してもらえるけれども、それでも稼げば稼ぐほど多く引かれてしまうため、手取り額が想像しているよりも少ないと感じてしまいます。
期間工で働く場合は、保険料が引かれてしまうことを理解してから働くかどうか検討しましょう。