期間工の主な仕事内容

期間工の仕事内容はどんなもの?

期間工の仕事内容は主に機械や部品を製造することです。自動車工場またはその部品工場が主な仕事現場となります。本体の製造メーカーであれば自動車の車体のプレスをしたり、溶接のセットを制御したり、塗装や組立をしたりするのが主な仕事です。部品メーカーでは車のシートの組立や、カーナビの製造、ブレーキペダルなどの部品の製造など、各社の製造現場で働くこととなります。製造に伴う検査や運搬といった仕事もありますので、幅広い分野があると言えるでしょう。大手メーカーの製造工場で働くことになれば、勤務地は全国各地にあります。どのラインでも最初に研修を受けてから配属になりますので、期間工が初めての人でも問題なく働くことができるでしょう。

仕事はきつい?休みはあるの?

期間工の仕事は基本的に工場での作業ですので、流れ作業や立ち仕事が多くなります。したがって、どちらかというと体力的にはきつい方になるかも知れません。しかし、慣れれば単純作業ですので仕事に没頭できますし、煩わしい人間関係もそれほどないでしょう。24時間稼働の工場も多く、勤務体系は宿直含めた三交代制や、二交代制が主となります。休日は週休2日制がほとんどです。ゴールデンウィークやお正月休みはありますが、期間内の納期に間に合わせるという都合上、残業や休日出勤はあり得るでしょう。手当はきちんと支払われますので、稼ぎたい人にはうれしい事かもしれません。工場の近くに期間工向けの寮があることも多く、食堂もついているところが多いです。